grappa

architect宮本佳明建築設計事務所

address兵庫県

住宅特集2007年5月号 50P

不整形な土地形状である「ヘタ地」に建つ専用住宅。法的に許容される最大ヴォリュームを確保すると、建物内に必然的に三角形の空間ができてしまう。ここでは不整形な部分を収納などとして積極的に使用し、空間を最大限に利用しようとしている。また、隣地は矩形であるため、わざわざ敷地の隅には開口部をとらない。したがって不整形な土地形状であるがゆえに、開口部の外側にはオープンスペースを独占することができた。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2007年5月50ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。