海老名のアトリエ付きシェアハウス

architectGROUP・清原惟・三野新

address神奈川県

新建築2022年2月号 68P

長屋をアトリエ+ギャラリー利用を想定した共用棟とシェアハウスに改修.設計者たちが暮らしながら,建物に残る生活の痕跡を読み取り,開口部や吹き抜けなどの形をつくる手掛かりとした.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2022年2月68ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。