Global Bowl

architect平田晃久建築設計事務所

address東京都

新建築2021年12月号 64P

3Dカットされた木材パーツを組み合わせ,多くの孔が空いた大きなボウルを形成.人びとが通り抜けたり座ったりすることをねらいとしている.2021年7月1日〜9月5日に開催されたパビリオン・トウキョウ2021(Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13)において,国際連合大学前に設置されたパビリオン(企画:ワタリウム美術館).

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2021年12月64ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。