木陰雲

architect石上純也建築設計事務所

address東京都

新建築2021年12月号 54P

焼杉の技術を用いて焼かれ炭化した木の柱と屋根が,既存樹木の合間を縫うように架けられた.2021年7月1日〜9月5日に開催されたパビリオン・トウキョウ2021(Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13)において,旧山口萬吉邸(kudan house,本誌1903)の南側に広がる庭園に設置されたパビリオン(企画:ワタリウム美術館).

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2021年12月54ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。