北海道立北の森づくり専門学院

architect遠藤建築アトリエ

address北海道

新建築2021年11月号 128P

北海道の林業にまつわる専門的な知識と技術を学ぶ林業大学校の校舎.主要構造部,仕上げにはすべて北海道産木材を使用.ホール吹き抜け部の天井には,カラマツ無垢材を加工したコアドライ材と,カラマツ集成材による張弦梁構造.構造フレームにはトドマツ・カラマツ材のCLTも併用している.
「HOKKAIDO CLT PAVILION」は、北海道立総合研究機構森林研究本部林産試験場主導で,北海道産カラマツ・トドマツ材を使ったCLT開発事業の一環として7年にわたりCLTの強度・環境変化・材料特性について調査,研究を行う実験棟.

close
arrow_left
1/2
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。