有明体操競技場

architect公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(発注) 高橋秀通+勝矢武之+大庭拓也+高橋恵多/日建設計(基本設計・実施設計監修) 石原政幸+長嶺博+石川慎一郎+鈴木康二郎/清水建設(実施設計) 斎藤公男(技術指導)

address東京都

新建築2021年11月号 88P

東京2020大会(オリンピック2021年7月23日~8月8日,パラリンピック8月24日~9月5日)において,体操,新体操,トランポリン会場(オリンピック),ボッチャ会場(パラリンピック)に使用された競技場.下部構造は鉄骨造,屋根架構は国産カラマツの大断面集成材を使用した,ライズの低いアーチ形状の複合式木質張弦梁構造からなる.現在は,展示場としての利用に向けて,改修を行っている.

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2021年11月88ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。