• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
法政大学 市ケ谷キャンパス再整備
八里直輝+柳澤彩+山崎隆盛/日建設計
bookmark_outline
概略
法政大学55・58年館建て替え計画に伴う市ケ谷キャンパスの再整備として,周辺環境との繋がりを持つキャンパスが検討された.正門側(西側)は,地上7階建ての校舎「富士見ゲート」が建設され,57×22m,高さ11mのピロティは風通しや人びとの活動を誘発する.
所在地
東京都
掲載誌
新建築 2021年7月号 150P