選手村ビレッジプラザ

architect公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(発注) 日建設計/高橋秀通+大庭拓也+高橋恵多

address東京都

新建築2021年5月号 124P

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村のビレッジプラザ.使用する木材を全国63自治体より借り受け,仮設施設として組み立て,大会後には解体の上,各自治体へ返却する計画.樹種は,スギ,ヒノキ,カラマツ,エゾマツ,トドマツ,アカマツ,ヒバ等の製材を主とし,集成材,CLT等も含めて約1,300m3,約4万本を超える木材を,その樹種の特性に配慮しながら,柱梁,下地材,外壁などに割り当てている.各室の用途に応じてレシプロカル架構,格子梁架構,トラスアーチ架構の3つの構造形式を採用.写真はレシプロカル架構のC1棟.解体後に各自治体へ木材を返却することができるように,各木材には自治体名が刻印されている.

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2021年5月124ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。