神奈川大学みなとみらいキャンパス

architect三菱地所設計/萩尾昌則+内山宗幸+木村陽子

address神奈川県

新建築2021年4月号 162P

横浜市みなとみらい地区初の総合大学となる神奈川大学みなとみらいキャンパス.高層タワーには研究室などの小さな室,低層部は講義室,図書館,体育館など大きな室をずらしながら配置した.塀は設けず,敷地を前面の歩道と一体化させ,自由な出入りを可能にしている.手前は階段状の米田吉盛記念ホール.

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2021年4月162ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。