栃木県総合運動公園東エリア

architect梓設計・大成建設・安藤設計設計共同企業体

address栃木県

新建築2021年3月号 98P

栃木県が進める宇都宮市の栃木県総合運動公園と隣接する元競馬場や元栃木県警察機動センターなどの跡地を活用した「総合スポーツゾーン」整備の1プロジェクト.もともと栃木県警察機動センターが建っていた敷地に,PFI事業として体育館と屋内水泳場を備えた施設を計画.「GREENa とちぎ」をコンセプトに運動公園から連続した「交流の丘」を設け,3つの機能を繋いでいる.公園中央エリアと繋がる歩行者用地下通路から2階マロニエテラスまで,2層分の高さを自然豊かな緩やかな「交流の丘」で構成している.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2021年3月98ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。