HOTEL THE MITSUI KYOTO

architect清水建設一級建築士事務所 栗生総合計画事務所(マスターデザインアドバイザー) 設計組織プレイスメディア(ランドスケープ) ANDRÉ FU STUDIO/STRICKLAND(インテリアデザイン) WORKTECHT(照明デザイン)

address京都府

新建築2021年2月号 22P

1710年に三井家の統括機関「大元方」が置かれ,250年にわたり本邸が構えられていた三井家所縁の地に建てられたホテル.明治中期に10代当主・三井高棟が設計に関わった油小路邸の計画を踏襲した.中庭を設け,ロビー,レストラン,四季の間,客室など中庭との繋がりを起点にデザインを展開.油小路邸の池泉回遊式の庭園の形式や灯篭,蹲踞,石橋,景石,飛石など既存の要素を再配置し,ランドスケープを構成.

close
arrow_left
1/7
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2021年2月22ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。