名古屋テレビ塔

architect日建設計/若林亮+石森秀一+木村征也

address愛知県

新建築2021年1月号 178P

1954年に内藤多仲によって設計された日本初の集約テレビ電波鉄塔.2011年のアナログ放送終了後は観光事業が続けられていた.安全性の確保,南北への抜けを確保するため,レトロフィット工法による基礎下の免震,避難階段の確保などを行い,安全性の向上,工作物から建築物への用途転換を図った.

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2021年1月178ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。