飯能商工会議所

architect野沢正光建築工房

address埼玉県

新建築2020年11月号 110P

西川材の製材とCLTパネルを適材適所に組み合わせ,軸組工法を主体とした計画で,新旧の木質構造技術を融合した先進的な構造計画として,CLT建築実証支援事業として採択されている.商工会議所は,CLT平行弦トラスが10mスパンで架かる.トラスの上下弦材に用いた120mm角のヒノキ製材,トラスの斜材にあたる厚さ36mmのスギJパネルは,地域材である西川材により製作された.開口部には西川材の組子格子耐力壁.他,西川材を用いたCLT折版構造やレシプロカル構造など,木造の提案がなされている.

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。