福島ロボットテストフィールド 研究棟

architect山本堀・URリンケージ設計共同体

address福島県

新建築2020年9月号 152P

無人航空機,災害対応ロボット,自動運転ロボット,水中探査ロボットを主対象に,実際の使用環境を再現しながら研究開発,実証試験,性能評価,操縦訓練を行うことができる実験施設.福島・イノベーションコースト構想に基づき整備された.南相馬市・復興工業団地内の東西約1,000m,南北約500mの敷地内に「無人航空機エリア」,「インフラ点検・災害対応エリア」,「水中・水上ロボットエリア」,「開発基盤エリア」を設けた.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2020年9月152ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。