大工館Ⅱ

architect瀬野和広+設計アトリエ

address香川県

新建築2019年10月号 172P

香川県三豊市に本社を構える工務店の高松支店.県産材のヒノキ製材で,金物の使用を抑えた大工手刻みの仕口継手による架構.軸材は基本5寸角(150mm角)で統一,主要梁桁のみ5・6寸(150・180mm)を2分割した合わせ梁とし,方杖をはじめ各管柱4寸角(120mm角)を挟み込んでいる.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2019年10月172ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。