本山寺五重塔 解体・保存修理

architect本山寺五重塔整備委員会(監修) 多田善昭建築設計事務所(設計)

address香川県

新建築2019年10月号 156P

明治43年(1910年)に上棟,大正4年(1915年)に入佛供養が行われ,建立から100年以上が経過した五重塔の修理計画.塔身の北東側への傾きが見られはじめ,平成25年(2013年)の調査で,解体修理が決定された.初重~四重の東面の屋根は建設当初の瓦を葺いている.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2019年10月156ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。