新国立競技場整備事業

architect大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所共同企業体

address東京都

新建築2019年9月号 50P

東京2020オリンピックパラリンピックに向けて建設が進む新国立競技場.屋根は鉄骨と木材のハイブリッド構造で,根元鉄骨から先端までは約60m.新国立競技場での木材使用量は約2,000m3.フィールドには地温コントロールシステムが採用されている.7月中旬から芝が張り始められている.また冬期の太陽高度が低い時期に芝育成のための自然光を取り入れるため,屋根南側の一部(写真右上)をルーバー付きのガラス屋根としている.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2019年9月50ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。