南麻布のフラット改修

architect馬場正尊/Open A(監修) 塚越智之+宮下淳平/塚越宮下設計 | 照明:杉尾篤照明設計事務所

address東京都

新建築2019年2月号 138P

三菱地所レジデンスが進めるReビル事業のプロジェクト.既存ストック活用の円滑化のため建物を取得し,改修を行っていくもの.1992年に竣工した地下1〜4階が事務所,5・6階が住居として利用されている建物を1棟丸ごと取得し,空室ができるごとに順次改修を行っていく予定.今回は,5・6階の503号室,505号室,602号室が対象となった.テラスに面した約1/3部分の壁・天井・床を解体し,最大高さ4,000mmの開放的な空間をつくり出している.玄関側は修繕のみとすることで改修と既存部分のコントラストを見せている.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2019年2月138ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。