徳田邸

architect西沢立衛建築設計事務所

address京都府

新建築2018年8月号 52P

築109年の2軒長屋の京町家を,現代美術キュレーターである施主の住まいと地域の仲間が集うサロンに改修.既存の出格子窓や虫籠窓は残し,長年の間にモルタル壁などに変更されていた部分は格子戸,板壁,土壁仕上げとする,通り庭の吹き抜け空間を復活させるなど,京町家の伝統的な空間を参考に改修が行われた.

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2018年8月52ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。