虎渓用水広場

architectオンサイト計画設計事務所

address岐阜県

新建築2017年5月号 134P

多治見駅北側につくられた広場.この場所にもともとあった歴史的遺産である農業用水「虎渓用水」を活用しようと市民が働きかけ,暗渠となっていた水路を復活.椅子を自由に使える3つのあずまや、通り抜けができる自然に面した小さな広場がつくられ,さまざまな場所で憩うことができる.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2017年5月134ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。