新豊洲ブリリアランニングスタジアム

architect武松幸治+E.P.A環境変換装置建築研究所

address東京都

新建築2017年3月号 130P

スポーツやアートを楽しむ活動拠点として整備された施設.豊洲の東京ガス用地開発が所有する敷地に建てられ,全長108mの長さのトンネル状フォルムは集成材フレームと鉄骨で構成されている.外皮はETFEフィルムクッション方式(2重膜)を採用.

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2017年3月130ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。