船場センタービル改修

architect石本建築事務所

address大阪府

新建築2017年1月号 178P

船場センタービルは,1970年に大阪万国博覧会の開催に合わせて建設された合計10棟が東西におよそ1000m連なる建築物.地下には地下鉄中央線,地上は中央大通り,上空は市道築港深江線と阪神高速道路が通り,都市交通インフラに挟まれている.築後45年あまりが経過し,外壁の老朽化やキタ(梅田)とミナミ(難波)の中間に位置する建物として両地域を結ぶ魅力的な建物へと改修するため今回のプロジェクトが計画された.

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2017年1月178ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。