奈良国立博物館なら仏像館展示室改修

architect栗生明+栗生総合計画事務所

address奈良県

新建築2017年1月号 138P

国の重要文化財である片山東熊設計の旧帝国奈良国立博物館(1894年竣工)の展示空間の改修プロジェクト.床壁天井,独立免震展示台・展示ケースへの変更,照明・空調等設備の刷新が行われ,既存を生かしつつ明るい展示空間へと更新する.

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2017年1月138ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。