多治見市モザイクタイルミュージアム

architect藤森照信+エイ・ケイ+エース設計共同体

address岐阜県

新建築2017年1月号 120P

モザイクタイル発祥の地で全国一の生産量を誇る多治見市笠原町で,旧町役場の跡地に建てられた地上4階建ての鉄筋コンクリート造の公共建築.土を原料とした磁器質モザイクタイルの採土場をモチーフにしたフラットな土壁は,割れた磁器のタイルや食器がアクセントとしてはめ込まれる.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2017年1月120ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。