すみだ北斎美術館

architect妹島和世建築設計事務所

address東京都

新建築2017年1月号 104P

現在の墨田区に生まれた江戸後期の浮世絵師,葛飾北斎とその門人による作品の保存・展示を目的とした美術館.周辺スケールに合わせて外観をスリットにより分割する.外壁アルミパネルは約1250×5600mm,厚み3mm.アルマイト加工処理された後に電解研磨とエッチング処理を経て製作された.

close
arrow_left
1/6
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2017年1月104ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。