黒部市庁舎

architect山下設計

address富山県

新建築2016年4月号 106P

西側から見る.旧黒部市と宇奈月町の合併(2006年)に伴い分散化した行政機能と保健センターを集約するとともに,市民が集う交流スペースを新たに付加.市民の交流スペースが入る交流棟の西側は,まちへの顔となるように計画された.この交流棟は長辺方向をブレース柱構造,短辺方向を1スパン(12800mm)の純ラーメン構造とした鉄骨造としている.

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2016年4月106ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。