通天閣免震化

architect竹中工務店

address大阪府

新建築2016年3月号 174P

1912年に建設された初代通天閣.その後,地元の有志の協力で1956年に内藤多仲によって設計された通天閣を免震化する試み.改修にあたっては南海トラフ大地震などの災害に備えての耐震性の向上,登録有形文化財として外観の維持,工事期間中の営業の安全・継続の確保が求められた.そこで,改修範囲が基壇部に集約され,外観に与える影響を最小限に留めることができる鉄塔建造物の中間階免震構造による耐震改修工事を施している..

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2016年3月174ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。