新宿三井ビルディング改修工事

architect日本設計(車寄せ改修,制震工事監修) KAJIMA DESIGN(制震工事)

address東京都

新建築2016年3月号 166P

1974年に竣工した新宿三井ビルディング(本誌7503)の制震工事と車寄せの改修工事.2011年の東北地方太平洋沖地震の際に首都圏の超高層ビルが長周期地震によって共振した.この振動を低減するためにTMD(動吸振器)を用いた制震装置が屋上に設置された.また地下の車寄せでは,人を迎え入れる高品質な空間へと改修されている.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2016年3月166ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。