西富久地区第一種市街地再開発事業 Tomihisa Cross

architectまちづくり研究所(基本構想・設計) 久米設計(実施設計) 戸田建設(設計協力)

address東京都

新建築2016年2月号 168P

バブル期の地上げにより虫食いになってしまった東京都新宿区にある西富久地区の再開発事業.1990年に全国初の住民主導のまちづくり活動としてはじまり,20年余りを経て完成した.低層部分には商業施設や認定子ども園が入り,その上に地権者が入居する戸建て住宅風のペントハウス住宅,中層住宅,地上55階建ての超高層タワーマンションが配置されている.

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2016年2月168ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。