アストラムライン新白島駅

architect小嶋一浩+赤松佳珠子/CAt パシフィックコンサルタンツ

address広島県

新建築2016年1月号 158P

JR山陽本線・山陽新幹線と,アストラムラインの結節点に誕生した新駅.アストラムライン新白島駅の駅舎は国道54号の中州につくられた.円筒シェルは9mm厚鋼板が白く塗装され,地上と地下が一体化した空間が広がる.丸く開けられた大小のトップライトからは自然光が落ちる.

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2016年1月158ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。