宮畑遺跡史跡公園体験学習施設

architect意匠設計:古市徹雄都市建築研究所 | 設計:大建設計・鈴木設計設計共同体

address福島県

新建築2015年11月号 154P

縄文期集落の史跡公園に建つ.写真はエントランスホール.鉄筋コンクリート造の駆体上に,30mm厚の構造用合板を用いた立体木造トラス構造の屋根を架構.屋根は縄文土器をモチーフとした六角錐ユニットの組み合わせからなる,他に集成材を用いた木造格子構造の屋根を持つ多目的ホールなどの室を持つ.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2015年11月154ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。