喜多方市新本庁舎

architect古谷誠章+NASCA

address福島県

新建築2015年9月号 116P

喜多方市本庁舎の建て替え.本庁舎棟は北側の日陰を小さくするよう正八角形を半分にした形状.北側は,角度を少しずつずらして配置,構造としても機能するPCパネル壁が2段で1層を構成し,上段は排煙と換気,下段は採光と通風に必要となる開口面積を確保しながら積まれている.また,アクセントとして壁パネル表面や開口部小口に地場産の三津谷煉瓦をあしらっている.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2015年9月116ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。