富士見台団地のリノベーション

architect能作淳平建築設計事務所

address東京都

新建築2015年8月号 74P

UR都市機構のDIY住宅をセルフリノベーションした家族3人のための住まい.4畳半と6畳に仕切られていた間取りを繋げ,その際不要になった部材を転用・再配置して,築50年の団地のよさを現代の生活の中に取り入れた.床は既存仕上げを撤去し,合板下地,遮音材の上にビニル床タイルを敷き詰めた.壁は既存コンクリートの上白塗装.キッチンは流通木材で製作した.

close
arrow_left
1/2
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2015年8月74ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。