夏目坂の間

architect武井誠+鍋島千恵/TNA

address東京都

新建築2015年8月号 44P

夏目坂(夏目漱石の実家があったという坂道)の中腹に建つ上がオーナー住戸、下がふたつの賃貸住戸からなる計画.敷地のちょうど半分が都市計画道路の範囲にかかるため、将来的に解体ができるように立方体なフレームが組まれた.その中にさまざまな高さを取って床(とこ)を差し込むことで、人の居場所がつくられている.

close
arrow_left
1/6
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2015年8月44ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。