直島パヴィリオン

architect藤本壮介建築設計事務所

address香川県

新建築2015年7月号 148P

直島の玄関口のひとつである宮浦港のターミナルのほど近くに,町制60周年を記念して設計された,ステンレスメッシュによるパヴィリオン.地元の人びとや観光客が気軽に立ち寄り,交流が生まれることを意図している.高さ約6.3m.メッシュは75mmグリッドを2枚ずらして重ね合わせた37.5mmグリッド.パネルの外周に径12mmの丸鋼を取り付け,それを中心として溶接しユニットを製作.さらに現場でユニット同士を溶接した.

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2015年7月148ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。