猪苗代のギャラリー

architect柴﨑恭秀

address福島県

新建築2015年7月号 112P

東日本大震災で土壁が崩落し骨組みのとなった蔵(1889年に酒造作業蔵として竣工)の再生プロジェクト.曵き家により同一敷地内で移設し,耐震補強を行った上で内外装を新たに施工.現在はギャラリーや演奏会に使用される.

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2015年7月112ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。