グローバルキッズ武蔵境園

architect石嶋設計室

address東京都

新建築2015年4月号 116P

JR中央線の高架化に伴い,高架下を活用する中央ラインモール構想に基づいて開業した保育施設.15m間隔で高架の柱が建つ細長い敷地には軽量鉄骨造のボリュームが5つ連なり,室内には長い廊下が生まれ子どもの交流の場として機能する.

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2015年4月116ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。