無量光 明圓寺納骨堂清淨殿

architect古森弘一建築設計事務所

address福岡県

新建築2014年10月号 126P

福岡県に古くから建つお寺に新設された納骨堂.参拝者の訪問が不規則であり,温熱環境を空調機でコントロールするのではロスが多いため,空調や照明などのエネルギーを使用しない空間をつくり出した.天井は4層の木ルーバーで構成されて,日射を取り込みつつ床に直射光が届かないようになっている.床下のピットから空気を内部に取り込み,天井高を利用して上部のガラリから排出する.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2014年10月126ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。