亘理町児童福祉施設

architect薩田英男/薩田建築スタジオ

address宮城県

新建築2014年6月号 100P

東日本大震災後の津波で流された保育園の再建.児童館の園庭内に建てられた.大きな切妻屋根の中に,さまざまなスケールの場所が展開する.正面中央の昇降口は北国の気候に合わせて木ルーバーと深い庇で守られる.気仙沼小学校区留守家庭児童センター(94頁)と同じく,津波をかぶったマツの厚板を外壁に使用している.木造平屋建て.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2014年6月100ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。