辨天宮の新祠

architect石黒由紀建築設計事務所

address東京都

新建築2014年5月号 180P

住宅地の中にある辨天宮の境内に建つ先代の宮司とご先祖様をお祀りするための小さな祠である.奥宮とあわせて,神明造りを基本とし,屋根は銅板葺き本体は白木が使われている.参拝時に祠に対峙すると,中に入れなくても,内と外によってつくられる場が感じられ,建築の概念を超えた,人と祠の一体感が生み出されている.

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2014年5月180ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。