躯体の窓

architect増田信吾+大坪克亘

address千葉県

新建築2014年5月号 174P

鉄筋コンクリート造2階建てのアパートをハウススタジオ兼週末住宅へとコンバージョンするプロジェクト.室内と庭との境界面をデザインするために,既存の窓を取り払い,壁から約200mm離れた位置に建物全体を覆うスチールサッシを設えた.劣化した外壁塗装は除去.南側壁面は叩いてはがすことによって小叩き仕上げのような風合いとした.

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2014年5月174ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。