あいちトリエンナーレ2013 赤と青の線

architect制作:青木淳 杉戸洋 (スパイダース)

address愛知県

新建築2013年12月号 150P

青木氏と杉戸氏による,あいちトリエンナーレ2013の8組のアーティストの作品を展示する名古屋市美術館(設計:黒川紀章)の会場構成兼作品.トリエンナーレ用の出入口を南側に設け,館内にも新たな階段を設置し,通常とは異なる動線で美術館を巡ることで美術館そのものが普段とは少し違うように見えることを目指した.2階展示室には,色鮮やかなチュールの作品を展示した.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2013年12月150ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。