京都造形芸術大学 災害支援スタジオ

architect坂茂建築設計

address京都府

新建築2013年12月号 54P

京都造形芸術大学の校舎屋上に設けられた紙管アーチによる仮設スタジオ.坂茂研究室の学生によって施工された.解体後容易に移設できるよう,紙管には穴を開けず,両端にスチールジョイントを固定し,ポストテンションを入れたスチールロッドで引っ張ることによって持たせている.

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2013年12月54ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。