東京理科大学 葛飾キャンパス

architect岩崎克也+竹内稔+石崎健一/日建設計

address東京都

新建築2013年7月号 168P

東京都葛飾区の旧三菱製紙工場跡地に建つ東京理科大学の新キャンパス.同大学の神楽坂キャンパスの校地・校舎狭隘問題を解決するために計画された.敷地境界線にはフェンスを設けず,地域に開かれた計画とした.中央約250mの「キャンパスモール」で軸性を強調し,それに直交する「ガーデンパス」で周りの公園を大学敷地内を介して繋いだ.

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2013年7月168ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。