SUS静岡工場実験棟

architectSUS

address静岡県

新建築2013年2月号 192P

アルミ製ミニマル居住ユニットt2の集合タイプ(12戸タイプ).t2の活用方法のひとつとして提案された.ユニットはいつでも移設できることを前提に,鉄骨骨組みに差し込むだけのスケルトンインフィルの考え方を採用.クレーンでユニットとレールを吊り上げ,骨組みにスライドして挿入する.今後,施工性・居住性の検証実験を行う.家を固定物として捉えるのではなく,「部屋」という最小単位に切り分けて,家族構成や住む場所の変化によってユニットを増やしたり減らしたり,あるいは動かしたり,自由自在に居住スペースを構築することを目的としている.

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2013年2月192ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。