高志の国文学館

architect伊藤恭行/CAn

address富山県

新建築2013年1月号 167P

富山県富山市にある万葉の時代から続く越中文学に関する文学館.ライブラリーより万葉の庭を見る.旧県知事公館を改修し,庭との関係を保ちながら展示室からなる増築棟をつくった.蔵のように分かれた展示室が分棟配置され,その間の土間も展示室として利用される.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2013年1月167ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。