金沢工業大学21号館

architect水野一郎・蜂谷俊雄+金沢計画研究所

address石川県

新建築2012年9月号 160P

学生が学内に滞留する時間を最大限確保し,技術(情報や実物資料)と芸術(建築,造園,アート作品)とを体験できるキャンパスづくりの一環として建設された.中心の食堂は朝から夜まで学生や教職員がたむろするキャンパスラウンジとしてフル稼働.外壁ルーバー,外壁カットパネル,PC屋根の採用により,ライフサイクルCO2削減28%とCASBEEのAランクを達成した.

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2012年9月160ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。