大きな三角屋根のコテージ/レ・アーリしみず

architect本多友常/和歌山大学+アール企画

address和歌山県

新建築2012年6月号 116P

スポーツパーク内に建てられたコテージ.等高線状に細長い敷地に合わせて,細長い三角形平面を2棟に分けて配置.細長い平面を仕切り,内部空間と半外部空間を生み出す.緩やかな屋根勾配と三角形平面により,すべての部屋が異なる形状を持つ.地場産スギ材を使い,地元の職人によってつくられた.開口部に使う乾燥材は,大工,工務店が独自に少量を保管し,地域の需要供給が調整されている.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2012年6月116ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。