足利赤十字病院

architect近藤彰宏+塩田洋+高嶋玲子/日建設計

address栃木県

新建築2011年10月号 140P

渡良瀬川河川敷沿いに建つ基幹病院.将来さまざまに変化するニーズに対応することを目的としている.増築・改修に備えて建物は分棟として構成され,利用者の各棟への動線は延長100m,天井高さ10mのホスピタルモールで繋がれている.病室はすべて個室化されており,いわゆる病院らしさを軽減する内装に設えられている.BCP対策を強化し,災害時は地域の拠点としての利用に耐える.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2011年10月140ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。