• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
木造ワークショップ
慶應義塾大学SFC池田靖史研究室 武蔵野大学水谷俊博研究室 東海大学チャレンジセンター・キャンパスストリートプロジェクト(C.A.P.)・TCDIチーム 田村圭介+森部康司+横須賀洋平+昭和女子大学環境デザイン学科1/1ワークショップ2010チーム 畔柳昭雄+日本大学CST畔柳研究室 杉浦久子+suginoco(昭和女子大学環境デザイン学科杉浦研究室) 京都府立宮津高等学校建築科 慶應義塾大学大学院理工学研究科有志
bookmark_outline
概略
ここ数カ月の間に,大学の文化祭や地域再生のプロジェクトなどにおいて,多くの木造ワークショップが催された.これらの法的制約のない小規模建築では,木質材料本来の可能性を引き出し,建築基準法上の建築物では実現しにくい新しい木質構造がチャレンジされている.これらの取り組みは木質材料の将来を考えるきっかけになるのと同時に,設計と施工を区別しないで建築生産をとらえる教育の効果や,環境配慮への期待,技術と人,人と人の掛け橋となる等,木質材料を通したさまざまな可能性を示唆している.
所在地
東京都
掲載誌
新建築 2011年3月号 176P